!大阪府高齢者大学校同窓会豊中へ ようこそ!

 

 

同窓会豊中の目的 

 

「会員相互の健康と親睦を図ると共に

 地域社会における交流及び

 地域社会との貢献を

 推進すること

 

同窓会会員の皆様

 

平素は同窓会運営にご協力とご支援を賜り誠にありがとうございます。

 

このたびの大阪北部地震には大変驚きましたが、会員の皆様には、お怪我や家屋に被害等ございませんでしょうか。お見舞い申し上げます。

 

さて、同窓会では福祉部を中心に災害ボランティア支援や義援金のご協力をお願いしております。詳細につきましては福祉部より別途お願いさせて頂いていますのでご協力宜しくお願い申し上げます。

 

         会長 猪谷 義弘

 

 

 

 

平成30年 同窓会豊中総会 議事録

 日時:平成30年4月25日(水) 10:00~12:30

 

場所:豊中福祉会館 3階 集会室

 

 1 開会の辞:司会 吉田利子

 

2 黙祷  :顧問 永田得祐

 

  昨年5月17日にご逝去されました川上笑子様に哀悼の意を込めて黙祷を捧げま

 

  す

 

3 会長挨拶:会長 猪谷義弘

 

   本日はお忙しい中総会に出席していただき誠にありがとうございます。又、業務ご多忙中にも拘わらず豊中市健康福祉部部長直川様と高齢支援課課長尾崎様のご出席を賜り誠にありがとうございます。

 

   平素は豊中同窓会活動にご理解・ご協力を賜りありがとうございます。

 

   本年2月に同窓会連協の北摂7地域(高槻・茨木・摂津・吹田・豊中・箕面・豊能)以外の7地域(大阪・枚方・旭・東淀川・八尾・東部・南)が新たに同窓会を立ち上げ、老人大学から継承されてきた同窓会とは別に新しく高齢者大学同窓会を立ち上げられた事は残念ではありますが、これを機に北摂7地域が今まで以上に密接に相互の親睦を図れるのではないかと思います。

 

   各地域同窓会の会員数が減少する中で、より一層地域密着していく為にはよかったのかもしれません。

 

   豊中市においては新しい市長が決まりましたが、本日来賓でお越しいただいている直川部長の前任である長内副市長が当選されました。公約にも人生100年の充実も掲げておられます。誰もが経験したことがない人生下山の教育を義務教育化していく事が必要です。

 

   社会福祉法人健康福祉総研理事長国松氏の言葉に、1)現行の教育は人生登山の教育2)老いは全て自己責任3)健康長寿こそ「老いの教育」「人生下山の基礎教育」が必要4)世界初の長寿大国日本こそが「老いの教育」「下山の教育システム」が必要とあります。

 

   今後は豊中同窓会も「人生下山の教育」の構築に関わって一人でも多くの方が健康長寿で活躍できる街造りに貢献できればと願っております。

 

4 来賓挨拶:豊中市健康福祉部 部長 直川俊彦

 

   お集まりの皆様方におかれましては日頃から本市の高齢者福祉行政にご理解・ご協力をいただきまして厚くお礼申し上げます。

 

   本日は大阪府高齢者大学校同窓会豊中の平成30年度総会の開催誠におめでとうございます。

 

  同窓会豊中におかれましては会員数約270名を擁し自助・公助・近助の実現に向けて地域に根差した高齢者の生きがいづくり、居場所づくり、高齢者が高齢者を支える社会貢献活動など幅広い活動を展開されておられます。その取り組みはまさに介護予防につながるものと考えており、猪谷会長様はじめ多くの会員の方々のご尽力の賜物と敬意を表する次第でございます。

 

   さて本市は本年1月末現在、高齢者人口約10万3千人、高齢化率25.4%となり今後ますます高齢化が進む事が予想されます。要介護認定者数も65歳以上の方で20%を超えている状況です。

 

   このような状況の中、国は要介護状態に陥らず長寿を目指す取り組みを進めるとしており、本市も市内の介護予防センターにおいて多様な介護予防事業を展開するとともに昨年度から市内各地域で介護予防効果のある「とよなかパワーアップ体操」を行う自主グループを支援する取り組みを開始、この3月末で50グループが立ち上がっております。

 

   生涯学習を通じた生きがいづくり、仲間づくりがますます重要で本市も「誰もが住み慣れた地域で、いつまでも安心して安全に暮らす事が出来、それが町や社会の活力にもつながる」地域包括ケアシステム・豊中モデルの実現に向け同窓会豊中の皆様と連携しながら取り組んでまいります。

 

   結びに、同窓会豊中の皆様のご健勝と今後のますますのご活躍・ご発展を祈念いたしましてお祝いの言葉とさせていただきます。

 

5 議長選出

 

  議長に立候補なしの為、事務局より阿部文雄様を推薦し拍手で承認された

 

6 議長就任挨拶:議長 阿部文雄

 

   おはようございます。阿部文雄でございます。議長のご指名をいただきましたので出来る限り努めさせていただきます。よろしくお願いいたします。

 

7 資格審査報告:司会 吉田利子

 

   本日の出席者数42名、委任状159名、総数201名

 

   資格者は301名でありますので過半数151名を超えており総会は成立いたしております

 

8 議事:議長 阿部文雄

 

 「議案審議」

 

  第1号議案 平成29年度行事報告        各部部長

 

  第2号議案 平成29年度決算報告        会計部長 大薗英明

 

  第3号議案 平成29年度決算監査報告      監査   吾郷羊二

 

  第1号議案から第3号議案についての質疑応答

 

  第4号議案 平成30年度新役員選任の件     会長   猪谷義弘

 

  第5号議案 平成30年度行事計画(案)     各部部長

 

  第6号議案 平成30年度予算(案)       会計部長 大薗英明

 

  第4号議案から第6号議案について質疑応答

 

  質疑応答の後、全議案について審議の結果原案通り可決された

 

  新役員の紹介                  会長   猪谷義弘

 

9 議事終了退任挨拶:議長 阿部文雄

 

10 閉会の辞:副会長 島﨑志郎

 

 

11.記念講演 「大阪ガス 考える防災教室について」

 

大阪ガス株式会社 地域共創部門 近畿圏部   

 

副課長 船溪 俊輔(ふなたに しゅんすけ)氏                                                                                                

 

  1110分から1215

 

  ①日本で起こる自然災害について (プロジェクターでの説明)

 

   ・1995年、阪神・淡路大震災で震度7を初めて設定したが、その後、2004年新潟中越地震、2011年東日本大震災、2016年熊本地震と、震度7の地震が短期間に発生している。

 

   ・地震予想では、南海トラフ巨大地震が、30年以内に70%の確率で起こると予想されている。

 

   ・台風・大雨による風水害・土砂災害、火山噴火もよく起っています。

 

   ・阪神・淡路大震災でのライフラインの復旧は、電気6日、電話14日、ガス84日、水道全戸通水完了90日でした。

 

  ② 家庭での対応について

 

   ・冷凍庫の凍ったものを冷蔵庫の上の方に入れておくと、1日ぐらいは、大丈夫です。

 

   ・パンや、野菜、冷凍食品等、冷蔵庫で備蓄したものは、自然解凍させて食べることが出来ます。

 

   ・カセットコンロなどがあれば、鍋で、御飯を炊く事も出来ます。

 

   ・ウエットティッシュで手を拭いた後、そのティッシュで食べ終わった皿を拭くとか、ポリ袋やラップを手袋代わりにして衛生的に料理する等。

 

   ・皿が割れてない時は、折り紙で箱を作り、ラップを上に置く等

     色々な工夫で、乗り切りましょう。

 

    等、色々役に立つことを習いました。

 

                            以上

 

 

 

平成30年度新年ご挨拶

豊中同窓会新年のごあいさつ.pdf
PDFファイル 113.7 KB

平成30年元旦初日の出写真