!大阪府高齢者大学校同窓会豊中へ ようこそ!

 

 

同窓会豊中の目的 

 

「会員相互の健康と親睦を図ると共に

 地域社会における交流及び

 地域社会との貢献を

 推進すること

平成29年度新年ご挨拶

新年のご挨拶

 

会長  猪谷 義弘

 

新年あけましておめでとうございます。

皆様には、お健やかに新春をお迎えのこととお慶び申し上げます。

平素は同窓会活動に格別のご理解とご協力をいただき、厚くお礼申し上げます。

昨年、震度1を超える地震が6,500回と一昨年の3.5倍と多発したようです。

豊中市においては防災・福祉ささえあいづくり推進事業における要避難者の名簿が提供され校区ごとに訓練など実施される予定です。

また、高齢者の政策では介護保険制度改正に伴い、介護保険除外の生活支援サービス等市民活動のあり方が問われている現状の中、要支援12の市民へ地域での生活支援サービスがどうあるべきか検討し、新たなサービスを構築するためには、同窓会の各部活動及びサークル活動等で日頃の皆様のスキルが生活支援サービス提供者として、豊中市の社会資源の担い手(高齢者が高齢者支える)と期待されています。既に昨年11月から豊中市社会福祉協議会を事務局に大学教授や豊中市健康福祉部高齢支援課他、校区福祉委員会、老人クラブ、NPO団体等のメンバーに同窓会豊中も参画し検討委員会がスタートしました。

創立27年目を迎え今後の同窓会活動も変革していかなければなりません。

より地域に密着した活動を中心に、サークル活動等を通じて、自然に生活支援サービス提供者となればと思います。

最後になりましたが、本年も昨年同様に一層のご支援ご協力を賜りますようお願い申し上げますとともに、新しい年が充実した素晴らしい年となりますようお祈りいたします。

 

 

29年新春懇親会

平成29年「新春懇親会」に参加して

             高大5期 世界史  田中恭子

 

 111日(水)曇り空でしたが比較的暖かい「新春懇親会」の日を迎えました。

場所は「豊中市福祉会館」3Fで11時〜14時迄参加者56名でした。

市岡広報部長の司会、開会の辞は坂口副会長、猪谷会長のご挨拶を頂き、廣川顧問による乾杯の音頭とともに、懇親会の始まりです。

恒例の、寿の舞:那須幸子さんの優雅な日本舞踊に続き、素晴らしい音色を奏でて下さった藤本 博さんの尺八演奏、新春にふさわしく品格のある光景で身の引き締まる思いでした。

雰囲気が変わり、会場向かいの「ゆたか保育園」の園児5歳児6名による「和太鼓」を披露頂きました。皆さんの孫?ひ孫?位の子供達が小さい体に全身を使い、力強いばちさばきにかわいい・・・?と目を細め温かい眼差しで声援を送っていました。

日頃、相当な練習を重ねたと先生から聞いていましたが、私たちの前で堂々と披露頂き、感無量でした。

 

食事は「柴藤」の弁当、汁物、飲み物はビール、日本種、焼酎、ジュー等・・・・。

これからカラオケタイムです。

2時間近く途切れる事もなく、日頃の喉を披露され賑やかに繰り広げられました。

企画部の服部 健さんのマジックが始まり、真剣に目を向け、あっとどよめきが

起るくらいの技術に翻弄されました。

最後に「皆で歌おう」コーナーでは、「憧れのハワイ航路」「瀬戸の花嫁」を合唱、その歌に合わせフラダンスを踊り会場は常夏のムードで一杯でした。

ラストに島崎副会長の閉会の辞と、一本締めで終わりました。

今年もいい年になりそうです。

今回の「新春懇親会」は企画部として初めて手掛けさせて頂きました。開催場所も「福祉会館」で行なうのが初めての試みです。今後喜んで頂ける様な企画を行いたいと思っております。

実行委員の方々、ご出席全員による手作りの懇親会でしたが、皆さんには大変お世話をおかけいたしました。ご協力ありがとうございました。